ホームホワイトニング中に要注意!?その習慣逆効果かも!?

歯を白くする方法の一つに挙げられるホームホワイトニング。

歯医者さんでトレーとホワイトニング剤を受け取れば始められ、金額も数万円程度と、あまり高額ではなく手軽に始められ、家庭で行う事のできるホワイトニングですが、あなたはいくつかの注意点を守って正しく使えていますか?

もしかするとせっかくのホワイトニングもあなたが普段している習慣によって効果が薄くなっているかも知れません。

今回はホームホワイトニングを行う上で、要注意な行動についてお話しします。

ホームホワイトニング中は着色がつきやすい!!

ホームホワイトニングを始める際に注意を受けるのが、色の付きやすい食事を控えることです。

その理由は、ホームホワイトニングをすると歯の表面のペリクルと呼ばれる膜が剥がれてしまい、表面のエナメル質がむき出しの状態になってしまいます、通常、24時間程で再生をしますが、毎日行うホームホワイトニング中は剥がれたままになってしまう為、この期間着色が非常につきやすい状況になってしまっています。

ですので、ホワイトニングの効果を十分に得るためには、着色のつきやすい食事、飲み物や習慣は控えなくてはいけません。

ホームホワイトニング中控えてほしいもの

細かくあげると沢山の食品や飲料が上がりますが、とにかく色の濃い、つきやすいと思われるものはホームホワイトニング中、控えるようにしましょう。

まずは、その一例をあげていきます。

①調味料や香辛料には要注意!

醤油やソース、ケチャップなど調味料には着色料がたくさん含まれており、着色の原因になります。

ポリフェノールタンニンカテキンの入った飲み物や食べ物

主にお茶や赤ワイン、コーヒー、チョコレートに含まれます。

②口紅やうがい薬、喫煙習慣

食事や飲み物に気をつけていても、見落としやすい習慣が口紅やうがい薬、喫煙習慣です、これらも非常に色がつきやすいのでホームホワイトニング期間中は避けるようにしましょう。

ホームホワイトニング中におすすめの食事

ホームホワイトニング中におすすめの食事や飲み物は、上で挙げた色の濃い食べ物の反対、色の薄い食べ物です。

挙げるとしたら、水、白ワイン、白米、お魚、お豆腐パンなどですね。

色の白いヨーグルトや牛乳などもおすすめです。

ホームホワイトニング中はタバコNG!!電子タバコはどうなの?

最近ではタバコからアイコスなどの電子タバコに変える方も増えてきましたが、電子タバコの場合では、ホームホワイトニングの際に影響はあるのでしょうか?

例えば、アイコスでは、タバコによる体への害は10分の1になったと言われています。

しかし、着色の主な原因であるタールも通常のタバコの10分の1に減っているだけですので、着色が全くないとは言い切れません、そのためホームホワイトニング期間中はタバコも電子タバコも控えるほうが望ましいでしょう。

ホームホワイトニング直後は歯が弱っている!?食事や歯磨き粉に要注意!

上でもお話ししたようにホームホワイトニング直後の歯は表面の膜が剥がされてしまった状態になり、着色だけでなく傷もつきやすくなっています。

酸性の強い飲み物や食べ物では歯が溶けやすくなっていますので、酸性の強いお酢やレモン、マヨネーズなどの食品は避けましょう。

歯磨き時の歯磨き粉も研磨剤が多いものでは傷がつきやすいため、研磨剤の入っていない歯磨き粉か低研磨性の歯磨き粉にしましょう。

ホームホワイトニング中に色の濃いものを食べてしまった!!どうしたらいいの?

色の濃いものを避ける必要があるとはいえ、完全に排除するということは難しいもの、ついつい普段の食事でお醤油やソースを使ってしまうのも仕方ありません。

着色は歯についたからと言ってすぐに定着するものではありませんので、食後にしっかりと水でうがいをして着色のつきやすい食品を口から洗い流すようにしましょう。もしも余裕があるならば歯磨きを行うと更に安心ですね。

まとめ

通常ホームホワイトニングで効果が見られるようになるまで2週間~1ヶ月と言われています、ホームホワイトニング中は様々な制限がありますが、その期間を乗り越えれば白い歯を手に入れる事ができます。

せっかくお金を払って始めたホームホワイトニングですので、しっかりとした効果が得られるように頑張りましょう!!

オススメのホワイトニング用の歯磨き粉を紹介していますので参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です